うつ病になって本当に辛かったけど克服していってます

☆うつ病と診断されて

中学2年の時に気管支炎で学校休んでる間に友達だった4人からいじめにあい、私は自殺を図りました。母が精神疾患で薬を飲んでいたのでそれを大量に飲んでしまいました。
気付いたら病院でした。そこは小さい病院だった為、精神科に母に連れて行かれました。
「どうしても死にたい」しか話しませんでした。すると精神科の先生から「君はうつ病だ」と言われました。

 

☆頑張れは言わない事

それから学校へは行かなくなりました。
昼夜逆転で小学校の時からの友達が毎日向かえに来てくれてましたが、私はいつも寝てました。自殺願望は無くならず、いじめも無くならず私は死ぬ事しか考えていませんでした。
父が気晴らしに一緒に外に買い物連れてってくれたりしてくれたもののその時は楽しいし、忘れられるのですが、ふと思い出しては死にたい気持ちに駆られてしまいました。
部屋中の刃がついてる物は没収され、薬も処方されましたが、親が管理していてその日の分しかくれませんでした。
親は学校に何度も掛け合ってくれました。
でもその頃の私には死しか考えられなかったのです。

 

☆檻のついた病院に連れて行かれて

ある日親が「出かけよう」と言って私は何も考えず着いて行きました。でもその日だけタクシーだったんです。
うちは車がなかったので、いつも電車だったのですが、タクシーで知らない病院に連れて行かれました。
着くと先生と親が話しをしていて、私を呼び出し檻のついた部屋へ連れて行かれました。
窓も分厚い窓で、まるで牢屋の様に感じました。私はここに置いて行かれたら保たない。
そう思い、父の手を離すことはしませんでした。泣いて嫌だと言って帰りたい。と何度も伝えました。父が涙目になったのを見たのは最初で最後でした。すると父が「先生、死ぬ事をやめると言ったら連れて帰って良いですか?」と言い出しました。
先生は頷いてくれて私は死なないと約束しました。

 

☆死にたくなる感情を抑える様にやってみる

もうあんな所に入りたくない!と思った私は死ぬ様な行動や発言を言わない様にしました。
美容室に行き、ストレートパーマをあてて私は変わりました。1年かかりましたが、中学3年になって親がいじめた子らとクラスを一緒にしない様に話してくれて、いつも欠かさず向かえ来てくれてた子と一緒に通学しました。
変わった私は一回り強くなっていました。
クラスの友達にも恵まれて卒業する事が出来ました。むやみに頑張らない事、たまには自分を解放してあげる事、そうやって壁にぶち当たった時は死にたくなりますがゆっくり自分のペースで歩いていく様にしています。